Facebookと連携したー

とか気張ったものはよいものの、
なんかあれだね、気軽に更新すると

こんなどうでもゆるゆるブログを
人様に押し出しするのもお恥ずかしいねと

設定解除したいがどうしようと

ぐぬぬぬという気持ちに葛藤してます。



image


先日ね、早桜と焚き火と芋煮BBQという
素敵トリオのゆるゆる柏会に参加してきました


image



焚き火着火ファイヤー


image





焚き火とといえば、もうずっとずっと

ずぅーーっと胸にうずいて湧き出るのが

「アイロンのある風景」という
村上春樹さんの短編小説にでてきた
海岸の焚き火風景


オセンチメタルな乙女時代は
卒業したはずなんだけど、

ふっとこう景色や音や匂いやものを通じて

昔々の感覚や感情が蘇ってくるときがある。



そんなこと言い出しても
今やそれをつまみにただ呑む
おっさんなんだけれどね。


たまーにね。


image


image


image


四人で一升と四合瓶何本か開けちゃったよ。

鮪のかま。
image

師匠夫妻にひたすら感謝