2016年09月

酒粕パック

ついに、冷蔵庫を買い替える決意をして
来週末に届くことになったので、
冷蔵庫空っぽ化計画のため冷凍庫の中にあった麒麟山で大量買いした酒粕を消費する。


材料はシンプル

最初は1週間分で100gを使う予定が
酒粕が余りまくってしまうので倍の量に。
すり鉢がちっちゃくて200gもすりこぎできないので、
以前、誕生日にみきちゃんがくれたナイスなブレンダー登場。
手抜きクッキングの我が家では頻度は高くないけども、ちょうど良いサイズで重宝しております。ありがたい。

精製水を適当に入れながら水分量調整。
後ろで文太が見学。

保湿効果を期待してハチミツをいん

簡単出来上がり


そして、これを使い切りの量に分けて
お風呂場に持ち込み、
お顔と全身にぬりぬりパックするのです



そんで15分くらい適当に放置して
自己満を楽しんでから
風呂おけの湯でそのままじゃぶじゃぶ
すると今度はお風呂が酒粕湯に早変わり




このあともうひとり入るはずなんだけど
風呂桶の中で洗い流してしまいました…

美人の湯ができて良かったね。
顔洗ってからパックしたから許してくれ

お風呂上がり、お肌が調子良い感じです






ぶんたろす可愛い可愛い可愛い


はくちゃんが来て「譲る」事をおぼえて
、文太が少しずつ少しずつ、お兄ちゃんという立場に追い立てられるのがさみしい気もする。
いつまでもオレ様ひとりっ子であれ、、、

最近、連れて歩いているらしい


ひいきだ、ひいき

足のあいだで爆睡していて、起きない。


私は寝相が悪いので
起きないでいてくれるのがちょうどいい


でも脚ごそごそできなくてつらい


ごそごそ



ごそごそ




強制ごそごそしてたら
行っちゃった





戻ってきた。

着陸。


ぶんた再び着床。



そのころ、左下


白いのも落ちてた。

ねこがいっぱいでしあわせ。


旦那さんといっしょに
ベッドサイドにお見舞いにきた












ぶんたさんは足元で湯たんぽ役

↑このページのトップヘ