2018年07月



寝返りを覚えた三ヶ月児さん。

コロコロ転がってはくちゃんの近くまでやってくるようになりました。
2018-07-26-13-34-31

海老フライポーズのはくちゃんと、はるちゃん
2018-07-26-13-27-53

はくちやんとはるちゃん

名前が紛らわしくてよく間違えては父さんに怒られます。


2018-07-26-13-26-56

自力で起き上がるようになってからは、これまで赤子さんを無視していた文太さんの見る目が変わりました。


ちょうどお互いの目線の高さが同じなので
視線が合うようになったのです。


仲良くしてね!
2018-07-30-18-29-26

引っ越して良かったと思うのが猫たちが窓際にいるとき。
前のマンションと違って道路から距離が近いので、猫さん達が人間やら車やら鳥達やら木々やら虫やらを眺めて楽しんでいるようなので。


陽射しもポカポカであったかいもんね。(今は極暑だけど)
2018-07-06-16-35-48
↑センタクモノに乗る不届き者


↓定期的にふさふさ尻尾で赤子を惑わす魅惑者
2018-07-05-17-22-59

妊娠後期、出産、慣れない育児でのバタバタも収まり、家の空気みたいなのがようやく自分に馴染んできたような気がします。

でも、まだ1階だけ。ほとんどの時間を1階のリビングで過ごしてるので、2階の部屋にタッチしていくのは子供が大きくなってきた何年後、とかになりそう。

今は赤子さんの側を離れられないので2階に上がっても、as soon asで所用を済まして降りてこないといけないのです。笑
2018-07-26-06-40-31

はくちゃんはどこでしょう
2018-07-26-08-04-16
猫たちが入り込む場所、イタズラするものきっと猫だけじゃなくて赤子の手にもかかろう。近く部屋を赤子仕様にチェンジしていきます。


寝返りをはじめた三ヶ月児さん。

予定ではもう少し大人インテリアを楽しむつもりだったのが前倒し。嬉し哀し。
2018-07-26-12-35-06

日中はよく、奥で壁に同化しているはくさんと一緒におんなじようなポーズで畳に転がっています。
2018-07-26-12-30-23


おはようございます。

写真はつい先程。



赤子と猫の写真が撮れたらブログを更新しようと思っているのだけど、猫たちがはるさんの近くか同じ場所に集まることがなくてなかなか撮れないのがさみしいのです。

これは朝から文太さんが洗面所の水に頭をつっこんでビシャビシャになって日向を求めてきた時です。
はくちゃんはお兄ちゃん大好きなので、文太がいるから隣に来たという感じ。

はるさん、文太とはくを生き物としてようやく認識し始めたようです。

近くを通ると目で追うようになりました。
2018-07-20-07-52-47

はくちゃんは文太お兄ちゃん大好きなので
いつもこっそり文太の裏側に忍びこんできて、バレて避けられないようそっと控えています。笑
2018-07-18-18-02-58

↑このページのトップヘ